Virtual Hostの設定


Apacheはひとつのサーバーに複数のドメインやサブドメンを割り当てることが出来ます。
例えばhogehoge.comのサーバーにwww.hogehoge.comやwebmail.hogehoge.com、taco.netなどを割り当て、それぞれ別のコンテンツを表示させることができます。
これをVirtual Hostと言います。

DNSの設定

Virtual Hostを実現するためにはDNSの設定が必要です。(www.hogehoge.comとhogehoge.comが同じサーバであることをクライアントに教える必要がある)

自前でDNSサーバーを用意する場合はこちらを参考にDNSサーバーを構築してください。
DynDNSを使用している場合はドメインの設定で[Enable Wildcard]のチェックボックスをONにするだけです。(ただし現在はこの設定は有料サービスとなっているようです。)
これでwww.hogehoge.comとしてもtaco.comでも、hogehoge.comで応答できます。

/etc/apache/site-enable/defaultの設定

今回はtacoというVirtual Hostを作成してみます。
まずは/etc/apache/site-enable/defaultに以下を追記します。

# vi /etc/apache/site-enable/default
NameVirtualHost * 80

<VirtualHost * 80>
   ServerAdmin root@taco.hogehoge.com
   DocumentRoot /home/www/taco               ←taco.hogehoge.comのドキュメントルートを記述
   ServerName taco.hogehoge.com                 ←Virtual Hostの名前を記述
   ErrorLog /var/log/httpd/error_taco_log       ←taco.hogehege.com用のエラーログを作成
   CustomLog /var/log/httpd/access_taco_log common    ←taco.hogehoeg.com用のアクセスログを作成
</VirtualHost>

Apacheの再起動

/etc/apache/site-enable/defaultを編集したらApacheの再起動をします。

# /etc/init.d/apache restart

以上で名前ベースのVirtual Hostの設定は終了です。
実際にtaco.hogehoge.comと打って、/home/www/taco/public_htmlに置いてあるコンテンツが表示されることを確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 5 = 7

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>