Courier-IMAPのインストール


Courier-IMAP は、Maildir形式で保存された電子メールを扱うサーバーソフトウェアです。

IMAP(Internet Message Access Protocol)はサーバ上にあるメールにアクセスするための方法です。従来のPOP(Post Office Protocol)ではサーバに置いてあるメールをクライアントにダウンロードして読みますが、IMAPの場合はサーバ上に受信・送信・その他のメールを保存し、どのクライアントからでもメールの読む事ができるようになります。

Courier-IMAPのインストール

apt-getでインストールします。

# apt-get install courier-imap
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  courier-authdaemon courier-authlib courier-authlib-userdb courier-base expect tcl8.4
提案パッケージ:
  courier-doc courier-imap-ssl expectk tclreadline
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  courier-authdaemon courier-authlib courier-authlib-userdb courier-base courier-imap
  expect tcl8.4
アップグレード: 0 個、新規インストール: 7 個、削除: 0 個、保留: 2 個。
2419kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 6377kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
取得:1 http://ftp.jp.debian.org lenny/main tcl8.4 8.4.19-2 [1175kB]
取得:2 http://ftp.jp.debian.org lenny/main expect 5.43.0-17 [316kB]
取得:3 http://ftp.jp.debian.org lenny/main courier-authlib 0.61.0-1+lenny1 [72.2kB]
取得:4 http://ftp.jp.debian.org lenny/main courier-authdaemon 0.61.0-1+lenny1 [7330B]
取得:5 http://ftp.jp.debian.org lenny/main courier-authlib-userdb 0.61.0-1+lenny1 [32.6kB]
取得:6 http://ftp.jp.debian.org lenny/main courier-base 0.60.0-2 [223kB]
取得:7 http://ftp.jp.debian.org lenny/main courier-imap 4.4.0-2 [593kB]
2419kB を 2s で取得しました (836kB/s)
パッケージを事前設定しています ...

パッケージの設定









 ┌──────────┤ courier-base を設定しています ├───────────
 │                                                                                                                    │
 │ Courier は /etc/courier にある複数の設定ファイルを使用します。設定ファイルの      │
 │ うち幾つかは、サブディレクトリと置き換えることができます。サブディレクトリは、         │
 │ 含んでいる ファイルの内容を繋げて1つの統合された設定ファイルと見なされます。    │
 │                                                                                                                    │
 │ courier-webadmin によって提供される web ベースの管理は、設定ファイルではなく     │
 │ 設定ディレクトリに依存します。もし同意すれば、すでにファイルが存在していない        │
 │ 場合 web ベースの管理ツールに必要なディレクトリが作成されます。                        │
 │                                                                                                                    │
 │                                                                                                                    │   
 │                                                                                                                    │
 │ web ベースでの管理のためにディレクトリを作成しますか?                                      │
 │                                                                                                                    │
 │                        <はい>                          <いいえ>                                            │
 │                                                                                                                   │
 └────────────────────────────────────








未選択パッケージ tcl8.4 を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 105438 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../tcl8.4_8.4.19-2_i386.deb から) tcl8.4 を展開しています...
未選択パッケージ expect を選択しています。
(.../expect_5.43.0-17_i386.deb から) expect を展開しています...
未選択パッケージ courier-authlib を選択しています。
(.../courier-authlib_0.61.0-1+lenny1_i386.deb から) courier-authlib を展開しています...
未選択パッケージ courier-authdaemon を選択しています。
(.../courier-authdaemon_0.61.0-1+lenny1_i386.deb から) courier-authdaemon を展開しています...
未選択パッケージ courier-authlib-userdb を選択しています。
(.../courier-authlib-userdb_0.61.0-1+lenny1_i386.deb から) courier-authlib-userdb を展開しています...
未選択パッケージ courier-base を選択しています。
(.../courier-base_0.60.0-2_i386.deb から) courier-base を展開しています...
未選択パッケージ courier-imap を選択しています。
(.../courier-imap_4.4.0-2_i386.deb から) courier-imap を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
menu のトリガを処理しています ...
tcl8.4 (8.4.19-2) を設定しています ...
expect (5.43.0-17) を設定しています ...
courier-authlib (0.61.0-1+lenny1) を設定しています ...
courier-authdaemon (0.61.0-1+lenny1) を設定しています ...
Starting Courier authentication services: authdaemond.
courier-authlib-userdb (0.61.0-1+lenny1) を設定しています ...
courier-base (0.60.0-2) を設定しています ...
courier-imap (4.4.0-2) を設定しています ...
Starting Courier IMAP server: imapd.
menu のトリガを処理しています ...
#

Webベースがなんたらとか聞かれますが、必要ないので「いいえ」と答えておきました。
実はこれでCourier-IMAPの導入は終わりです。特に設定ファイルをいじる必要もありません。

Maildirの作成

これから作成する新規ユーザー用のメールボックスを自動作成するには、ホームディレクトリの
雛形である/etc/skelディレクトリにMaildirを作れば、ユーザーを作った際に自動的にMaildirが作成されます。

また、既存のユーザーにもIMAPでメールをやり取りしてもらうため、Maildirを作成します。
Maildirの作成にはmaildirmakeコマンドを使います。

まずは新規ユーザー用

# cd  /etc/skel/
# maildirmake Maildir

続いて既存ユーザー用

# cd [ユーザーのホームディレクトリ]
# maildirmake Maildir
# chown [ユーザー]:[ユーザーのグループ] -R Maildir

mboxからMaildirへ変換

Courier-IMAPが導入以前は/var/spool/mailにメールが置かれるMbox形式でした。
そこで、Mboxに置かれたメールをMaildirに変換しなければなりません。
http://untroubled.org/mbox2maildirという便利な変換ツールがあるので、これを使います。

# wget http://untroubled.org/mbox2maildir
--2009-05-07 16:28:15--  http://untroubled.org/mbox2maildir
untroubled.org をDNSに問いあわせています... 69.5.1.51
untroubled.org|69.5.1.51|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 2233 (2.2K) [text/plain]
`mbox2maildir' に保存中

100%[================================================>] 2,233       --.-K/s 時間 0s

2009-05-07 16:28:16 (125 MB/s) - `mbox2maildir' へ保存完了 [2233/2233]
#

ダウンロード後、実行権限をつけて実行します。

# chmod 744 mbox2maildir
# ./mbox2maildir /var/spool/mail/[ユーザー名] /home/[ユーザー名]/Maildir/
#

以上で作業は終了です。
メールクライアントからサーバーへPort 143で接続してみてください。

Courier-IMAPで同IPから4つまでしかIMAPでconnectできない

Courier-IMAPでは同一IPから同時に4アカウントまでしか接続できないようになっています。
自宅サーバをやってると、用途別に複数のメアドを運用したりするので、すぐ4アカウントに達してしまいます。

同時接続数を上げる方法をご紹介します。

/usr/lib/courier-imap/etc/imapd の中の MAXPERIP の値を変更します。

ところが自分の環境では、 MAXPERIP の値を二桁にすると同じように接続できなくなってしまいました。
courierIMAP内で一桁までという制限は無いと思うので、他のシステムパラメータが影響してるのかもしれません。

まぁ、10も20も同時に接続しないのでMAXPERIPを9で良しとします。

# vi /usr/lib/courier-imap/etc/imapd
#MAXPERIP=4
MAXPERIP=9

変更後、Courier-IMAPを再起動します。

# /etc/init./imapd restart
/usr/local/courier-imap/bin/libexec/imapd.rc stop
/usr/local/courier-imap/bin/libexec/imapd.rc start
/usr/local/courier-imap/bin/libexec/pop3d.rc stop
/usr/local/courier-imap/bin/libexec/pop3d.rc start
#


以上で終了。

リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 − 3 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>