Apacheのインストール


インターネットの世界でHTTPDのデファクトスタンダード(業界標準)と言えるApacheをインストールしていきます。

Apacheのインストール

ApacheはDebianのインストールの際に、「Software selection」で「ウェブサーバ」を選択すると、インストールがすでに終わっており、Linuxの起動とともにApacheも起動しています。
インストールしなかった場合には、apt-getでインストールしましょう。

# apt-get install apache

/etc/apache2/apache2.confの編集

Apacheの基本の設定ファイルであるapache2.confを設定します。

デフォルトではapacheのログには接続情報がすべてIPアドレスで記載されます。
そのままではどこからアクセスがあったのか判別が難しいため、ホスト名の紐付けをしてログに書き出すようにします。

なおこの設定をした場合、ホスト名解決のためネットワーク負荷とCPU負荷が高まります。
そのことを十分に理解した上で設定の可否を判断してください。

# vi /etc/apache2/apache2.conf
#HostnameLookups Off
HostnameLookups On

Debianでは設定の殆どがモジュール化されているため、apache2.confの変更箇所はこの程度です。
細かい設定は次で行います。

/etc/apache2/sites-available/defaultの編集

サイト固有の設定を行います。
ServerNameにはWebサーバの名前とServerAdminには管理者の連絡先を、DocumentRootにサーバのコンテンツを置く場所を書きます。
Debianでは /var/www がデフォルトですが、/home/www のディレクトリを作り、ここをDocumentRootにしました。

# vi /etc/apache2/sites-available/default
ServerName hogeho.com
ServerAdmin root@hogehoge.com
DocumentRoot /home/www/

次はDirectory Indexの抑制です。
これはDocumentRootやUserDirにindex.htmlがない場合に、そのディレクトリの内容が表示されるのを抑制します。

DirectoryのOptionからindexesを削除します。

<Directory /home/www/>
    # Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
    Options ExecCGI FollowSymLinks MultiViews
    Order allow,deny
    allow from all
</Directory>

同様に/etc/apache2/mods-enable/のuserdirからもIndexesを削除しておきます。

「404 File Not Found」の画面時のサーバー情報(apacheのバージョンやmodのインストール情報等)を表示させないようにします。

ServerSignature Off

userdirモジュールの有効化

続いてはUserDirの設定です。
これは各ユーザーのホームディレクトリの public_html 下をApacheで公開する為の設定です。
Debianでは a2enmod コマンドで予め用意されているモジュールを有効化することで設定します。

# a2enmod userdir

これだけで、UserDirの設定が終わりました。

Apacheの再起動

以上で大方の設定は終了です。
設定ファイルを有効にする為、Apacheの再起動を行います。

# /etc/init.d/apache2 restart

起動後にブラウザで接続した時に「It works!」と表示されれば完了です。

リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 7 = 1

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>