HDD

LinuxファイルサーバのRAID化

ファイルサーバの中身

大きめのPCケースを使ってLinux+Sambaのファイルサーバを使っていたが、HDDの玉数が多くなってきて流石にHDD故障が怖くなってきたのと、玉の種類が揃ってきたのでRAID5使って冗長構成を取った障害に強いファイル […]

お父さんのためのTurbo NAS講座 -Time Machine用のディスク編-

Turbo NAS Time Machine_01_Time Machineの有効化

前回のお父さんのためのTurbo NAS講座 -ファイルサーバ編- ではTurbo NASの基本機能であるファイルサーバの設定をするところまで行いました。 今回はMac OSXの自動バックアップ機能であるTime Mac […]

お父さんのためのTurbo NAS講座 -ファイルサーバ編-

Turbo NAS ファイルサーバ編_01_ユーザ作成

前回のお父さんのためのTurbo NAS講座 -基本設定編- ではTS-220にログインして時刻やネットワーク、通知などの基本的な設定をするところまで行いました。 今回はいよいよTurbo NASの基本機能であるファイル […]

CentOS6でNTFSファイルシステムをマウントする

ntfs

CentOS6でNTFSのファイルシステムをマウントする必要が出てきたので、その作業ログです。 EPELのレポジトリを追加する 実はCentOSはそのままではNTFSをマウントできません。 デフォルトのレポジトリにもNT […]

新品のHDDを購入したのでLinuxでマウントするまでの備忘録

ST3000DM001

3TBのHDDを購入したので、Linuxでコマンドラインを使ってマウントするまでの備忘録です。 ちなみに購入したのはこちらのSeagate製3TBのHDDです。 パーティショニング まずはpartedコマンドでパーティシ […]

ファイルサーバーのHDDが「SError: { 10B8B BadCRC }」を吐き出し始めたのでHDDを交換しました

GNS3の記事を絶賛執筆中でしたが、ヒヤッとした出来事が起きたので事の顛末を書いておこうと思います。 HDDがおかしいことに気づく 事の始まりはファイルサーバーに置いてある動画ファイルを再生していた時のこと。 最初は普通 […]

Seagateの3TBハードディスクST3000DM001をUbuntuで使ってみた 後編

Seagate製の3TBハードディスクST3000DM001を買ってみました。 「Seagateの3TBハードディスクST3000DM001をUbuntuで使ってみた 前編」ではファイルシステムを作るところまで、解説しま […]

Seagateの3TBハードディスクST3000DM001をUbuntuで使ってみた 前編

ST3000DM001

昨年のタイの洪水の影響からHDDの価格が暴騰していましたが、ここに来て価格が大分落ち着いてきたので、Seagate製の3TBハードディスクST3000DM001を買ってみました。 買ったのは秋葉原のドスパラパーツ館。 1 […]

タイの洪水被害の影響でHDDが値上がる模様

タイの洪水被害によりHDDの供給に不安が

日系企業の工場も水没したことで、ここのところニュースでも大きく取り上げられているタイの洪水被害ですが、この影響で近年非常に割安だったHDDの値段が上昇している模様です。 モデルによっては2千円も上昇 世界のHDDの6割を […]

IDE接続のHDDケースを買ってみた

HDD_case_01_amazon

私の両親は結構PCを使うんですが、どうもバックアップを一切取っていないようなので、バックアップ保存先用にUSB接続の外付けHDDをプレゼントしてあげる事にしました。 中身入りの外付けHDDだと高いし、今時の1TBや2TB […]

Previous Posts