CentOS6でパスワードを入力せずにVNCにログインする方法



外部に公開していない宅内ファイルサーバに一々パスワード入力してVNCにログインするのは面倒なので、パスワードレスでログインできるようにしてみました。

200px-TigerVNC_logo.svg

VNC Serverをインストール

まずはVNCで接続するためにVNC Serverをインストールします。
以前はRealVNCというVNCサーバを使っていましたが、ライセンスの問題やGPL版が古いなどの問題でTigerVNCが現在の標準のようです。

ココらへんのお話はこのページが詳しいです。

RealVNC から TigerVNC に乗り換えるべき理由 (1)
RealVNC から TigerVNC に乗り換えるべき理由 (2)

yumを使ってインストールします。

[root@CentOS ~]# yum install tigervnc-server
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.riken.jp
* extras: ftp.riken.jp
* updates: ftp.riken.jp
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
–> Running transaction check
—> Package tigervnc-server.x86_64 0:1.1.0-5.el6_4.1 will be installed
–> Processing Dependency: xorg-x11-fonts-misc for package: tigervnc-server-1.1.0-5.el6_4.1.x86_64
–> Running transaction check
—> Package xorg-x11-fonts-misc.noarch 0:7.2-9.1.el6 will be installed
–> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

====================================================================================================
Package                        Arch              Version                     Repository       Size
====================================================================================================
Installing:
tigervnc-server                x86_64            1.1.0-5.el6_4.1             base            1.1 M
Installing for dependencies:
xorg-x11-fonts-misc            noarch            7.2-9.1.el6                 base            5.8 M

Transaction Summary
====================================================================================================
Install       2 Package(s)

Total download size: 6.9 M
Installed size: 9.7 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
(1/2): tigervnc-server-1.1.0-5.el6_4.1.x86_64.rpm                            | 1.1 MB     00:02
(2/2): xorg-x11-fonts-misc-7.2-9.1.el6.noarch.rpm                            | 5.8 MB     00:07
—————————————————————————————————-
Total                                                               601 kB/s | 6.9 MB     00:11
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing : xorg-x11-fonts-misc-7.2-9.1.el6.noarch                                           1/2
Installing : tigervnc-server-1.1.0-5.el6_4.1.x86_64                                           2/2
Verifying  : xorg-x11-fonts-misc-7.2-9.1.el6.noarch                                           1/2
Verifying  : tigervnc-server-1.1.0-5.el6_4.1.x86_64                                           2/2

Installed:
tigervnc-server.x86_64 0:1.1.0-5.el6_4.1

Dependency Installed:
xorg-x11-fonts-misc.noarch 0:7.2-9.1.el6

Complete!
[root@CentOS ~]#

/etc/sysconfig/vncserversに対して、以下の2行を追加します。

VNCSERVERS=”1:root”
VNCSERVERARGS[1]=”-geometry 1024×768 -nolisten tcp -SecurityTypes=None”

VNC用のパスワードを設定しないとServerが上がらないので、とりあえずパスワードを設定します。

[root@CentOS ~]# vncpasswd
Password:
Verify:
[root@CentOS ~]#

続いてホームディレクトリ下に作られた.vncディレクトリにあるxstartupというファイルの最終行を以下の用に変更します。

#twm &
gnome-session &

vncserverを立ち上げます。

[root@CentOS ~]# /etc/init.d/vncserver start
VNC サーバー を起動中: 1:root xauth: (stdin):1:  bad display name “CentOS:1″ in “add” command

New ‘CentOS:1 (root)’ desktop is CentOS:1

Creating default startup script /root/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /root/.vnc/xstartup
Log file is /root/.vnc/CentOS:1.log

[  OK  ]
[root@CentOS ~]#

これでサーバ側の準備はOKです。

クライアント側はVNC Viewerを準備する必要がありますが、Windowsだと、TigerVNCをインストールすると自動的にViewerがインストールされるので、これを使うのが便利です。

「サーバをインストールするのはちょっと・・・」という人はインストールの途中のチェックを外すと、Viewerだけがインストールされるようです。

VNC接続はIPアドレスの後ろに、今回の場合はディスプレイ番号を[1]にしているので、「:5901」として、接続します。

TigerVNC_Viewr



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 + 1 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>