新品のHDDを購入したのでLinuxでマウントするまでの備忘録



3TBのHDDを購入したので、Linuxでコマンドラインを使ってマウントするまでの備忘録です。

ST3000DM001

ちなみに購入したのはこちらのSeagate製3TBのHDDです。

パーティショニング

まずはpartedコマンドでパーティションの作成から。

今回新しく購入したHDDはLinuxで/dev/sdhとして認識されました。
パーティションは3TB丸々を一つのパーティションとします。

[root@fileserver ~]# parted /dev/sdh
GNU Parted 2.1
/dev/sdh を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには ‘help’ と入力してください。
(parted) print
エラー: /dev/sdh: ディスクラベルが認識できません。

(parted)

printコマンドで/dev/sdhにはなにもパーティションが無いことを確認してから、mklabelコマンドでパーティションテーブルをgptに設定します。

(parted) mklabel gpt
(parted) print
モデル: ATA ST3000DM001-1CH1 (scsi)
ディスク /dev/sdh: 3001GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/4096B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始  終了  サイズ  ファイルシステム  名前  フラグ

(parted)

mkpartコマンドでパーティションを作成します。
パーティションの開始と終了を0%と100%として、ディスク全体を指定します。

ファイルシステムはext4としますが、mkpartfsコマンドではないので、ここの指定には意味がありません。

(parted) mkpart
パーティションの名前?  []? ARCHIVE
ファイルシステムの種類?  [ext2]? ext4
開始? 0%
終了? 100%
(parted) print
モデル: ATA ST3000DM001-1CH1 (scsi)
ディスク /dev/sdh: 3001GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/4096B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始    終了    サイズ  ファイルシステム  名前     フラグ
1    1049kB  3001GB  3001GB                    ARCHIVE

(parted)

無事に作成できたようなのでquitコマンドでpartedを終了します。

(parted) quit
通知: 必要であれば /etc/fstab を更新するのを忘れないようにしてください。

[root@fileserver ~]#

ファイルシステムの作成

続いてはファイルシステムの作成です。
ext4でフォーマットします。

[root@fileserver ~]# mkfs.ext4 /dev/sdh1
mke2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=1 blocks, Stripe width=0 blocks
183148544 inodes, 732566272 blocks
36628313 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=4294967296
22357 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968,
102400000, 214990848, 512000000, 550731776, 644972544

Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 37 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
[root@fileserver ~]#

ext4のroot予約領域の削除

ext4、というかext系のファイルシステムはrootの予約領域というものをもっており、デフォルトでファイルシステムの5%をroot用の領域として特別に確保してしまいます。
3TBの5%というと150GBにもなってしまうので、これを0%とします。

tune2fs –l コマンドで現在の予約領域を確認します。

[root@fileserver ~]# tune2fs -l /dev/sdh1 | grep Reserved
Reserved block count:     36628313
Reserved GDT blocks:      849
Reserved blocks uid:      0 (user root)
Reserved blocks gid:      0 (group root)
[root@fileserver ~]#

tune2fs –m コマンドで予約領域を0%にします。

[root@fileserver ~]# tune2fs -m 0 /dev/sdh1
tune2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Setting reserved blocks percentage to 0% (0 blocks)
[root@fileserver ~]#

再度tune2fs –l コマンドで予約領域が0%になったことを確認します。

[root@fileserver ~]# tune2fs -l /dev/sdh1 | grep Reserved
Reserved block count:     0
Reserved GDT blocks:      849
Reserved blocks uid:      0 (user root)
Reserved blocks gid:      0 (group root)
[root@fileserver ~]#

ファイルシステムのマウント

これは普通にmountコマンドで

[root@fileserver ~]# mount /dev/sdh1 /EPEG7
[root@fileserver ~]# df -h
Filesystem                         Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_fileserver-lv_root   50G  2.9G   44G   7% /
tmpfs                              2.0G  148K  2.0G   1% /dev/shm
/dev/sda1                          485M   40M  421M   9% /boot
/dev/mapper/vg_fileserver-lv_home  5.2G  139M  4.8G   3% /home
/dev/sdb1                          2.7T  1.7T  1.1T  60% /EPEG1
/dev/sdc1                          2.7T  2.4T  390G  86% /EPEG2
/dev/sdd1                          2.7T  2.3T  403G  86% /EPEG3
/dev/sde1                          2.7T  2.3T  440G  85% /EPEG4
/dev/sdf1                          2.7T  2.2T  387G  86% /EPEG5
/dev/sdg1                          2.7T  2.2T  379G  86% /EPEG6
/dev/sdh1                          2.7T  201M  2.7T   1% /EPEG7
[root@fileserver ~]#



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


4 + 9 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>