Seagateの3TBハードディスクST3000DM001をUbuntuで使ってみた 後編



Seagate製の3TBハードディスクST3000DM001を買ってみました。

Seagateの3TBハードディスクST3000DM001をUbuntuで使ってみた 前編」ではファイルシステムを作るところまで、解説しました。

今回の後編は予約領域の変更からマウントまで解説します。

extファイルシステムの予約領域の変更

前編の最後にちょっと書きましたが、ext系のファイルシステムには予約ブロックというのがあります。

これはファイルシステムがユーザーによっていっぱいにされても、rootユーザー用にデフォルトでファイルシステムの5%を確保しておく、というものです。

つまりdfコマンドで100%となってしまったファイルシステムでも、じつはrootユーザーだけが書き込める領域が確保されているのです。

この領域はdumpe2fsコマンドのReserve block countで確認できます。

hoge@fileserver:~$ sudo dumpe2fs -h /dev/sdf1
dumpe2fs 1.41.14 (22-Dec-2010)
Filesystem volume name:   EPEG4
Last mounted on:          <not available>
Filesystem UUID:          0a08220a-dcf7-46b0-b2f0-bb602b658455
Filesystem magic number:  0xEF53
Filesystem revision #:    1 (dynamic)
Filesystem features:      has_journal ext_attr resize_inode dir_index filetype extent flex_bg sparse_super large_file huge_file uninit_bg dir_nlink extra_isize
Filesystem flags:         signed_directory_hash
Default mount options:    (none)
Filesystem state:         clean
Errors behavior:          Continue
Filesystem OS type:       Linux
Inode count:              183148544
Block count:              732566272
Reserved block count:     36628313
Free blocks:              721019450
Free inodes:              183148533
First block:              0
Block size:               4096
Fragment size:            4096
Reserved GDT blocks:      849
Blocks per group:         32768
Fragments per group:      32768
Inodes per group:         8192
Inode blocks per group:   512
RAID stride:              1
RAID stripe width:        1
Flex block group size:    16
Filesystem created:       Sat Apr 21 21:13:10 2012
Last mount time:          n/a
Last write time:          Sat Apr 21 21:13:23 2012
Mount count:              0
Maximum mount count:      37
Last checked:             Sat Apr 21 21:13:10 2012
Check interval:           15552000 (6 months)
Next check after:         Thu Oct 18 21:13:10 2012
Lifetime writes:          152 MB
Reserved blocks uid:      0 (user root)
Reserved blocks gid:      0 (group root)
First inode:              11
Inode size:              256
Required extra isize:     28
Desired extra isize:      28
Journal inode:            8
Default directory hash:   half_md4
Directory Hash Seed:      0e386f58-5cf0-4c48-a8d1-78d983808c46
Journal backup:           inode blocks
Journal features:         (none)
ジャーナルサイズ:             128M
Journal length:           32768
Journal sequence:         0×00000001
Journal start:            0

hoge@fileserver:~$

ここで問題なのは5%という数字。
2.73TBのファイルシステムともなるとその5%は140GBにもなってしまいます。

さすがにこの容量は勿体無いので予約領域を変更します。

流石に予約領域がまるっきり無いのは不安なので、予約領域を1GBとすることにします。
デフォルトでは1ブロックは4KBなので、1GBは262144ブロックとなります。
これをtune2fsコマンドで変更します。

hoge@fileserver:~$ sudo tune2fs -r 262144 /dev/sdf1
tune2fs 1.41.14 (22-Dec-2010)
Setting reserved blocks count to 262144
hoge@fileserver:~$ sudo dumpe2fs -h /dev/sdf1 | grep "Reserved block count"
dumpe2fs 1.41.14 (22-Dec-2010)
Reserved block count:     262144
richi@fileserver:~$

無事成功です。

ext4ファイルシステムのマウント

最後はファイルシステムのマウントです。

マウントポイントは、取り出した2TBのHDDがここを使っていた/media/EPEG4にしました。
ない場合はmkdirコマンドで作成します。

次に/etc/fstabを編集します。
ここで必要なのはファイルシステムのUUID。
これはdump2fsの「Filesystem UUID」で確認できます。

これをメモったらviかテキストエディタで/etc/fstabに以下の行を追加します。

#Entry for /dev/sdf1 :
UUID=[メモったUUID]       /media/EPEG4    ext4    defaults        0       1

あとはUbuntuを再起動して、自動的にマウントされていれば終了です。

これで3TBの広大な領域が手に入ったわけですが、これがいつまで持つやら・・・・・



One Response to “Seagateの3TBハードディスクST3000DM001をUbuntuで使ってみた 後編”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 − 7 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>