LPICレベル1 オススメ勉強法



先日LPIC Level1 101 と LPIC Level1 102と合格したので、晴れてLPIC Level1 認定エンジニアになることが出来ました。

そこで、これからLPIC Level1を受けようと思っている方向けに、試験のポイントや勉強方法などを紹介しようかと思います。

LPICとは

LPICをよく知らない方向けの説明です。
LPIC(LPI Certification)はLPI(Linux Professional Institute Japan:本部はカナダ)という、NPO法人が行っているLinuxの技術力認定制度です。
LPICは世界中で実施されている国際的な認定制度で、ベンダーやディストリビューションに依存しない、中立的な世界共通基準の認定です。

LPICレベル1とは

LPICレベル1は、「ファーストレベルLinux専門家」を認定する資格試験で、実務で必要なLinuxの基本操作とシステム管理が行えるエンジニアであることを証明できます。
レベル1に合格するには101と102という2つの試験に合格する必要があります。
その他、LPICレベル1の概要はLPIC-1の試験概要をご覧ください。

LPICレベル1の出題範囲

LPICでは101と102で以下の範囲の問題が出題されます。

101の出題範囲

システムアーキテクチャ

  • ハードウェア設定の決定と構成
  • システムのブート
  • ランレベルの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート

Linuxのインストールとパッケージ管理

  • ハードディスクのレイアウト設計
  • ブートマネージャのインストール
  • 共有ライブラリを管理する
  • Debianパッケージ管理を使用する
  • RPMおよびYUMパッケージ管理を使用する

GNUとUnixのコマンド

 

  • コマンドラインで操作する
  • フィルタを使ってテキストストリームを処理する
  • 基本的なファイル管理を行う
  • ストリーム、パイプ、リダイレクトを使う
  • プロセスを生成、監視、終了する
  • プロセスの実行優先度を変更する
  • 正規表現を使用してテキストファイルを検索する
  • viを使って基本的なファイル編集を行う

デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準

  • パーティションとファイルシステムの作成
  • ファイルシステムの整合性を保持する
  • ファイルシステムのマウントとアンマウントをコントロールする
  • ディスククォータを管理する
  • ファイルのパーミッションと所有者を管理する
  • ハードリンクとシンボリックリンクを作成・変更する
  • システムファイルを見つける、適切な位置にファイルを配置する

102の出題範囲

シェル、スクリプト、およびデータ管理

  • シェル環境のカスタマイズと使用
  • 簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する
  • SQLデータ管理

ユーザインターフェイスとデスクトップ

 

  • X11のインストールと設定
  • ディスプレイマネージャの設定
  • アクセシビリティ

管理業務

  • ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルを管理する
  • ジョブスケジューリングによるシステム管理業務の自動化
  • ローカライゼーションと国際化

重要なシステムサービス

 

  • システム時刻を維持する
  • システムのログ
  • メール転送エージェント(MTA)の基本
  • プリンターと印刷を管理する

ネットワークの基礎

 

  • インターネットプロトコルの基礎
  • 基本的なネットワーク構成
  • 基本的なネットワークの問題解決
  • クライアント側のDNS設定

セキュリティ

  • セキュリティ管理業務を実施する
  • ホストのセキュリティ設定
  • 暗号化によるデータの保護

LPICレベル1の勉強方法 その1 Linuxを触れる環境を作る

必須ではありませんが、まずはLinuxを触れる環境を作りましょう。

「Linuxなんて触ったことないよ」なんて人はまずはLinuxに触れてみることから始めましょう。
経験がある人でも、コマンドのオプションを確認したりする時に必要になるかと思います。

その際に便利なのが仮想化です。
VirtualBoxというソフトが簡単で高機能なのでオススメです。
詳しい解説サイトもあるので、VirtualBox Maniaというサイトを見てください。

これでLinux用のパソコンを用意しなくても、今使っているパソコンの中でLinux環境が作れます。
OSはRedhat系であればCentOS、Debian系であればDebian GNU Linuxが良いでしょう。

LPICレベル1の勉強方法 その2 LPICレベル1の書籍を購入しよう

LPICレベル1の試験勉強で核となるのは書籍での勉強です。
いくつかLPICの本が出ていますが、私が今回使ったのはいわゆる黒本といわれるこの本です。

他にもLPICではあずき本と言われる小豆色の本も有名なのですが、黒本よりも価格が高かったので、黒本を選択しました。
しかしあずき本でも全く問題無いと思います。

ただし教科書と問題集は必ずセットで買ってください。
教科書だけでも問題集だけでも合格はかなり厳しくなります。

LPICレベル1の勉強方法 その3 LPICレベル1の教科書と問題集を効果的に使おう

自分はLinuxの知識が元からあったので、
問題集で問題を解いてみる -> 弱点を発見したので教科書でフォロー -> もう一度確認の為問題集を解く
という事をしました。
Linuxを知っている人にはこの順序がお勧めです。

逆に全くLinuxを知らない人は、
教科書で知識を得る -> 問題集を解く -> 覚えきれなかったところを教科書でフォロー
がオススメです。

最初の教科書で知識を得るときに、前述したLinuxを触れる環境で教科書の内容を実際に試した方がしっかり知識が身につくと思います。

LPICレベル1の勉強方法 その4 インターネット上の例題を解いてみよう

インターネット上にはいくつもLPICレベル1の例題が載っているので、こちらもフォローアップ的に解いていきましょう。
しかもインターネット上の問題は、実際の試験の出題の仕方と似ています。

実は実際に受験して驚いたんですが、黒本の問題集での問題と、実際の試験では出題の仕方が全く違ったのでびっくりしました。
まぁ、しっかりとした知識が身についていれば問題無いんですけどね。

と、以上のようなことをやっていけば合格できると思います。
「ITエンジニアが取得したい資格 6年連続No.1」という非常に業界に人気のある資格です。

自分のスキルアップ、キャリアアップに役立つとおいますので、がんばって取得しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 + = 4

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>