DebianにDrupal6をインストール



DrupalはオープンソースCMSです。
他のCMSと同様HTMLの知識無しでコンテンツの作成ができ、コンテンツの整理や掲載のカスタマイズ、サイトのルック&フィールの変更などが非常に簡単に行えます。

一度Drupalを使ってしまうとテキストエディタを使ってのサイト作成は勿論のこと、所謂ホームページ作成ソフトを使ってのサイト作成も、不便なものに感じてしまうでしょう。

記事執筆時の最新版であるDrupal6.15は、Apache1.3以降とMySQL4.1以降、PHP5.2以降を必要とします。
ApacheMySQLを参考にして、インストールを済ませて置いてください。

オフィシャルのインストレーションガイド(英語)もありますので、こちらも参考にしてください。

Drupal6のダウンロード

まずはdrupal.orgのサイトからDrupal6本体をダウンロードします。

$ cd /home/www       ←ApacheのDocumentRootに移動します
$ mkdir drupal           ←Drupalをインストールするディレクトリdrupalを作ります
$ cd drupal
l$ wget http://ftp.drupal.org/files/projects/drupal-6.15.tar.gz
--2010-01-29 23:18:07--  http://ftp.drupal.org/files/projects/drupal-6.15.tar.gz
ftp.drupal.org をDNSに問いあわせています... 64.50.236.52
ftp.drupal.org|64.50.236.52|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 1085634 (1.0M) [application/x-gzip]
`drupal-6.15.tar.gz' に保存中

100%[================================================>] 1,085,634    495K/s 時間 2.1s

2010-01-29 23:18:10 (495 KB/s) - `drupal-6.15.tar.gz' へ保存完了 [1085634/1085634]

$

ダウンロードしたファイルを解凍し、ファイルを移動します。

$ tar zxvf drupal-6.15.tar.gz
drupal-6.15/
drupal-6.15/includes/
drupal-6.15/includes/actions.inc
drupal-6.15/includes/batch.inc
drupal-6.15/includes/bootstrap.inc
drupal-6.15/includes/cache-install.inc

(中略)

drupal-6.15/themes/pushbutton/tabs-option-off-rtl.png
drupal-6.15/themes/pushbutton/tabs-option-off.png
drupal-6.15/themes/pushbutton/tabs-option-on.png
$
$ mv drupal-6.15/* drupal-6.15/.htaccess .

続いて翻訳ファイルをこちらからダウンロードし、解凍します。

$ wget http://ftp.drupal.org/files/projects/ja-6.x-1.4.tar.gz
--2010-01-29 23:20:55--  http://ftp.drupal.org/files/projects/ja-6.x-1.4.tar.gz
ftp.drupal.org をDNSに問いあわせています... 64.50.236.52
ftp.drupal.org|64.50.236.52|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 210902 (206K) [application/x-gzip]
`ja-6.x-1.4.tar.gz' に保存中

100%[================================================>] 210,902      165K/s 時間 1.2s

2010-01-29 23:20:56 (165 KB/s) - `ja-6.x-1.4.tar.gz' へ保存完了 [210902/210902]

$
$ tar zxvf ja-6.x-1.4.tar.gz
LICENSE.ja.txt
STATUS.ja.txt
modules/system/translations/general.ja.po
modules/system/translations/includes.ja.po
profiles/default/translations/ja.po
modules/system/translations/misc.ja.po

(中略)

modules/user/translations/modules-user.ja.po
themes/chameleon/translations/themes-chameleon.ja.po
themes/garland/translations/themes-garland.ja.po
themes/pushbutton/translations/themes-pushbutton.ja.po
$

default.settings.phpをsettings.phpとしてコピーし、パーミッションを変更します。

$ cp -p sites/default/default.settings.php sites/default/settings.php
$ chmod 666 sites/default/settings.php

MySQLの設定

Drupalが使うDBの設定を行います。

MySQLに接続し、DBのユーザーを作成します。
DB名はdrupal、ユーザー名はhoge、パスワードはtacoとしました。

$ mysql -uroot -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 20844
Server version: 5.0.51a-24+lenny2 (Debian)

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> create database drupal;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

mysql>
mysql> GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, CREATE, DROP, INDEX, ALTER ON drupal.* TO 'hoge'@'localhost' IDENTIFIED BY 'taco';
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

mysql> FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> quit
Bye
$

Apacheの設定

http://drupal.hogehoge.com というようなサブドメインでアクセスしたいので、ApacheのVirtual Hostの設定をします。
設定方法はVirtual Hostを参照してください。設定後のApacheのreloadも忘れずに。

続いてrewriteモジュールを有効化します。

# a2enmod rewrite

.htaccessを編集し、以下を追記します

$ vi .htaccess
RewriteBase /

# Rewrite URLs of the form 'x' to the form 'index.php?q=x'.
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteCond %{REQUEST_URI} !=/favicon.ico
RewriteRule ^(.*)$ index.php?q=$1 [L,QSA]

これでサーバの設定は終了しました。
次はブラウザを使って、Drupalの設定を行います。



One Response to “DebianにDrupal6をインストール”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 − 8 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>